SNSで幸せアピールするのは不幸の証。
スポンサーリンク

snsで幸せアピールは満たされない心の現れ

人間の心理状態として、初対面の人などには必ずネコをかぶります。

なぜかというと、人は印象をよくするために自分の理想像にできるだけ近づこうとするからです、

よく、初対面の反対がその人の本質と言われますが、

はじめはネコをかぶっていて、あとから本性がわかるからです。

 

SNSは基本的に不特定多数の人に見られることが前提なので、

こういった心理が強く働いています。

 

 

簡単にいうと、

高級な料理ばかりアップ  普段は質素なご飯を食べている。

ブランドばかりをアップ  普段、手に入らないor見ないものだから。

お金や札束をアップ  もってない証拠。

高級車など  もってないorもっていても所有に値しない。(乗らされている)

 

具体的に説明すると、

普段から料理を食べているならそれが日常であり、普通だからいちいちSNSにアップすらしませんよね、

ブランドやお金だってそうですが、それが当たり前ならわざわざ自慢なんてしません。

 

自分が価値を感じているからアップするわけで、

それで見る相手が欲しいであろう or 魅力に感じるであろうと思っているからこそアップするわけですよね。

 

 

ようするに、私は価値がある人間だ。と言っているのです。

 

 

もちろんそうじゃない。

 

という意見もあるだろうがこれはあくまで心理の話なので、

人の心理は、本人でもよく理解していないので反対意見が普通でしょう。

 

 

みんな理解していたらそんな投稿なんて見かけなくなりますからね。(笑)

 

SNSで満たされることはない

 

結局のところ、SNSで心が満たされることはない。

 

いくらシェアされようと、いくら自分に共感してくれるファンが増えようと、

本質の問題が解決されたわけじゃなく、

それに反応してくれた不特定多数の人がいるだけで実際は何も変わっていない。

 

反応してくれるファンが増えただけで満足していてもあなた自身が成長するわけではないし、

むしろ成長を止めてしまうだろう。

 

イイね!の!数があなたの幸せのバロメーターじゃない。

女性は特に、自撮りや食べたご飯をアップしているだけでもあるていどのファンはできる。

 

あなたにも思い当たる節があるはずだ。

 

100人、1000人、1万と増えていけばまるで有名人にもなったような感覚を味わえるだろう、

しかしそれだけで満足しているのは愚か者のすることです、

見てもらってるだけで満足しても人生なんの得にはなりません。

 

それではいいね!の数だけに生きるつまらない奴です、

そうなるとSNSをつくった頭のいいエンジニアたちの戦略にまんまとハマった民衆となるわけです。

ビジネスに活かすならまだしも、日記のような自己満だけのSNSは時間のムダです、

 

すぐにやめて人生のためになる活動をしましょう。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事