スポンサーリンク

種苗法とは

 

種苗法(しゅびょうほう)は農産物などの品種を開発、育成するにあたりその権利や利益を保護するための法律で、

創作をする人が新品種などを登録することでその品種の「育成者権」を持つことができる。

 

多くの農家は種取りや株分けといった「自家増殖」を行なっておりそれにより日本の農業は守られ優良な作物も守られてきた、

これは「農家の権利」として容認されてきましたが、種苗法改正によりこれが大きく変わろうとしている。

 

種苗法 改正

 

2020年 3月 改正案を閣議決定、早ければ4月にも施行される予定。

この改正により登録品種の自家増殖が禁止となり違反した場合は、10年以下の懲役または1000万円以下の罰金(法人は3億円)となります。

つまりこれにより農家は毎年、種を民間企業(外資)から買わなければならずその分コストもかかります、

 

一代限りしか使えないF1品種

 

今後、日本の農家が民間企業から種を買うとなると世界の種の90%を支配していると言われるモンサント社(現 バイエル社)

の種を仕入れるというシナリオが待っている。

このモンサントは過去にベトナム戦争で使われた猛毒の枯葉剤を作った企業としても有名で悪名高き組織としての一面も待つ、

もっと恐ろしいのは、その種はF1品種といってハイブリッド種ともいわれる交配種で強力な農薬耐性があります、

かわいいけど弱い子犬と、強いけどかっこ悪い大型犬を交配させてお互いの良いところを合体させるといったイメージだ、

 

しかし、これは一代限りで二代目からは突然変異やまったく違う味に変化するのだそうだ、

いずれにしてもF1品種の種は毎年買わなければならないわけだ。

 

このF1品種は農薬耐性を強化されているため収穫時に大量の農薬を散布しています、

つまりこれによって農薬まみれで残留農薬の量は桁違いに高くなります。

 

日本にはこうしたF1品種といわれるものがすでに多く流通しており、

外食チェーンの吉野家、セブンイレブンのおにぎりにはこのF1品種が使われています。

 

モンサント社に支配される日本

 

モンサント社(現 バイエル社)は世界の農業を支配しているといっても過言ではない。

そもそも自家増殖禁止=モンサント法案と言われるほど世界では批判が高まっており、

これによって暴動が起きたりと日本以外の世界各国では意外と注目度の高い議論でもある。

 

枯葉剤をまく飛行機モンサント社はベトナム戦争で撒かれた猛毒な枯葉剤をつくった企業としても有名で、

 

この枯葉剤によって多くの人々が苦しみ奇形児の出生率も多くなった、

 

その影響は子供でけにとどまらず孫、ひ孫までにも影響し、今現在でも枯葉剤の影響に苦しむ人も存在している。

 

 

 

モンサントが種とセットで推奨販売している農薬「ランドアップ」に含まれるグリホサートに発がん性があると認められアメリカではモンサント社に対して訴訟も行われている、

ラウンドアップの主成分であるグリホサートが原因でガンを発症したと訴訟されていたモンサント社にたいして約300億円もの支払いを命ずる判決を下した、

結果的に80億の賠償という形でこの裁判は終わったが、グリホサートが危険だという証明にもなったわけだ、

 

今現在でもラウンドアップに関係する裁判がアメリカで5万件出されているそうで、

モンサント社がバイエルに買収され名前を変えたのもこうした悪い印象を避けるためだとも言われている。

 

日本に入ってくる大量のラウンドアップ

 

日本ではホームセンターなどに普通に並べられています、

CMでも流れているほど広く宣伝、販売されています。

 

世界ではラウンドアップが規制されている中、日本は大幅に規制緩和しています、

残留グリホサートの量を、

小麦6倍
そば150倍
ごま200倍
ベニバナの種子400倍

その結果、グリホサートの残留基準は中国の基準の150倍にまでなり、

中国産の方が安心、安全ともいえる時代になりました。

今や日本は世界一の農薬まみれなのです。

フランス 販売禁止 2021年までに全面禁止
ベトナム 輸入禁止(のちに撤回という話もでているがアメリカによる圧力)
オーストリア 全面禁止
ドイツ グリホサートの使用はいずれ終わるとメルケル首相が声明
日本 最大150倍にまで大幅な規制緩和

 

農民連食品分析センターの発表によれば国内の小麦粉、パスタ、パンのどから農薬成分グリホサートが検出されています。

学校の給食、コンビニのパン、スーパーのあらゆる商品は輸入小麦が使用されておりそれらには残留農薬が高濃度で検出されているのです、

今後、さらにこうした農薬まみれの作物が大量に日本へ入ってきます。

 

コロナ騒動の裏では日米FTAが水面下で進み。

アメリカの圧力で種苗法が変えられ。

今、日本の未来が外資に奪われつつあります。

何も考えずにずに食を口にすることは、あなたの寿命を著しく縮めます。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事