新型コロナウイルス
スポンサーリンク

新型コロナウイルス(COVID-19)の感染拡大は世界に広がり、現在(2月28日)での感染者数は全世界で8万人を超えました。

亡くなった人数は3000人に迫ろうとしています。

 

また、実際に確認された事例として感染が治り陽性と診断されても、再び感染し陰性と診断されるケースや、

金属面などの表面で従来のウイルスよりも長時間にわたって生存するということも確認されています。

 

新型ウイルス関連と確認されていなくともウイルス関連が疑われるケースに突然意識を失い倒れる症例が報告されており、

敗血症などによる多臓器不全などが疑われる例も中国をはじめとし増加傾向にあります。

 

日本国内でもすでに感染拡大が広がっているという専門家の意見が多数あります。

感染が疑われても医療機関に受診し新型コロナウイルスと診断されないケースがほとんどで、

その背景には検査キットが確立されていないことと、医療機関が保健所に連絡するのは医師の判断によって決められているのと、

保健所に報告しても、保健所側が対応しないといった現状になっているようです。

 

そうした国の体制が遅れていることは事実なので、自分の身を守るためにも最善の注意と対策を取りましょう。

 

新型コロナウイルス(COVID-19)世界最新の情報 リアルタイム更新

 

ジョンズ・ホプキンズ大学(JHU)のシステム工学科学センター(CSSE)

感染状況をリアルタイムで可視化できるシステム online dashboad

 

これらのデータは、

世界保健機関 (WHO)
中国国家衛生健康委員会 (NHC)
アメリカ疾病対策予防センター(CDC)
欧州疾病予防管理センター(ECDC)
中国疾病管理予防センター(CCDC)

などの機関からデータを収集しリアルタイム追跡しています。

 

新型コロナウイルスの予防対策

 

今後、日本でも感染が広がれば医療機関に人が押し寄せるという状況が予測されます、

そこでさらなる感染拡大も起きる可能性が非常に高いといえます。

 

例え診断されてもまだ特効薬もなく対処療法になり、陰圧室での経過観察になりますが、

日本国内での陰圧室は1800床ほどしか設置されていないためすぐに埋まることも予測されています、

国も対策として一般病棟の受け入れを開始するわけですので、

 

そうなると例え症状がなくなり陽性になったとしても、再感染でまた陽性となる可能性も高くなってきます。

そうなる前に自己防衛対策として感染しないことが一番大切なことです。

 

1低温・乾燥を避ける

 

ウイルスの特徴として挙げられるのは、気温が低く湿度も低い場所では活発になる性質があります、

またウイルスは鼻などの粘膜から体に入って感染してしまうのですが、

空気が乾燥していると鼻などの粘膜も乾燥しウイルスに感染しやすい状況を作り出してしまいます、

 

冬の時期は気温も低く湿度も40%をっ下回ってきます。

さらに室内ではエアコンで暖房をかける割合が多くエアコンを使うとさらに湿度は低下するので、

湿度管理されていない室内はかなり危険な状況といえます。

 

最適な湿度は、50%~60%の間といわれており、50%を下回るとウイルスが活発になり、

60%を超えるとカビなどが繁殖しやすいと言われています。

 

加湿しないでエアコンを使うと室内の湿度は20%~30%台にまで低下してしまいます、

そうした環境では粘膜も乾燥していますのでウイルス感染の確率を自ら上げているのと同じです。

そういった状況下でいくらマスクをしたからといってもあまり効果が期待できません、

自宅なら加湿器などを設置し湿度計などでしっかり湿度管理をするようにしましょう。

 

2できるだけ物に触れない・触れた手で顔を触らない

 

ウイルスはありとあらゆる表面に付着し数時間は生きていられるそうです、

今回の新型コロナウイルスに関しては数日も生存しているという研究結果も出ていますので特に注意が必要です。

 

人は無意識のうちにいろいろなものに触れています。

・エレベーターのボタン
・ATMなどのボタン
・エスカレーターなどの手すり
・手動ドアなどの手すり
・クレジットカードやサイン時のボールペン
・現金
・買い物かごや商品

パッと思いつくだけでもかなりの事があります。

手をしっかり洗う前に髪をいじったり、メガネやマスクを触ったりと意外と顔の近くを手で触れています。

こまめに除菌シートやスプレーをしたり手洗いも普通より2倍の時間をかけるなどの対策を取りましょう。

 

3感染予防・対策グッズを常備しておく

 

マスクや、除菌スプレーなど数か月はお店で購入しなくてもいい量をストックしておくのも良いでしょう。

お店に買いに行くというだけでリスクです。

 

ネット注文などである程度の備蓄品を揃えておきましょう。

 

・マスク
・除菌シート
・除菌スプレー
・手洗い石鹸
・花粉対策用のメガネ
・水
・プロテイン、インスタント食品

など外出しなくとも当分の間は生活できるように準備しておくことを強く推奨します。

買い物はそれだけでウイルス感染のリスクとなります。

できるだけ外出しないことが先決です。

 

ウイルス対策・予防に役立つアイテム

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事