注意力散漫
スポンサーリンク

音を遮断していない

集中力を手に入れたければまず音を遮断することをしましょう。

 

耳から入る音は集中力の妨げになります、

遮断してみて初めて気づくことが多いのですが、

意外と騒音に囲まれています。

エアコンや空気清浄機の音。

パソコンの起動音や外から入ってくる車などの音。

 

実は沢山あって当たり前になっているから気づかないものです。

そんな騒音を遮断するにもってこいのアイテムがあります、

それはノイズキャンセリングのイヤホンです。

 

アップルのAir Pods Proなどが遮音性能が高くおすすめです。

 

こういった高機能イヤホンは値段が高いものが多いですが、

集中力が上がり生産性が上がるのなら投資としても十分に価値があるでしょう。

 

注意ポイント
音楽を聴くときは探さない。

スキップなどしてころころ変えない。

できるだけ音声がないBGMなどを聞く。

無音で集中する方がいいのですが、
テンポのいい音楽を聴いた方が作業がはかどるといった方は音楽を聴くのも良いでしょう。
ただし曲を選らばずにランダム再生などにしましょう。
曲を選んだりするとそれだけで脳のエネルギーを消費します、
あと、歌詞を思わず聞いてしまうような曲も同じです。
できるだけリズミカルなメロディーだけのEDM系などがいいでしょう。

お腹いっぱい食べすぎ

意外と知られていませんが、

食べると血糖値が上昇し眠くなります。

消化するためにエネルギーを使うため脳への血流が下がり思考力が低下します。

 

もしあなたが高い集中力を維持したいのなら、

お腹いっぱいに食事をとらないこと、

血糖値の急激な上昇を抑える食事をオススメします。

 

集中するモノ以外が視界にある

 

例えば、カフェで壁に背を向けて座り、

ノートパソコンを開きます。

そうするとパソコンを見ていても周囲の人の動きが目に入ってきます。

これも集中力が途切れる要因となってしまいます。

 

壁の方を向いて座るほうが圧倒的に集中できます、

できるだけ視界に余計なものがはいらないようにしましょう。

 

そしてパソコン作業なら不必要なアプリケーションは落としておきましょう、

 

TwitterやLINEを同期している人も作業に集中しているときは切りましょう。

 

人からの連絡にいちいち反応していては集中力が途切れ生産性が上がりません。

 

違うことを考えている

 

作業とは関係のないことを考えていると集中できません。

 

そもそも集中する気がないといっていいでしょう。

 

この作業が終わったら何しようとか、

 

旅行のことや友達との約束など関係のないことを考えてしまう人は注意力散漫です。

 

目の前の一つのことに集中すらできないようでは、

 

仕事やプライベートでもその注意力散漫な態度が原因で大失敗を招きかねないので注意です。

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事