Asteroid Bennes6
スポンサーリンク

2014年 6月にインドの宇宙研究機関 (ISRO)の科学者によって、

小惑星ベンヌ (1999RQ36)にピラミッドらしき謎の構造物を発見したと発表。

 

その後、2016年にNASAの探査プロジェクトOSIRIS-REx計画により探査機が打ち上げられました。

当時、テレビなどでも報じられ記憶にある人も多いのではないでしょうか。

Asteroid Bennes

Asteroid Bennes2

小惑星ベンヌに人口ピラミッド

 

 

 

 

なぜ今回これほど注目されたのかというと、

最初に発見したのはNASAではなく、

インドの宇宙研究機関だったという点です。

 

もし最初にNASAが発見していたらおそらくこの映像を出回らなかったでしょう。

NASAは過去にも未確認飛行物体や生命体に関する証拠や映像を消しています、

そういった修正をする専門の部署があるほどです。

 

宇宙マニアの間では常識ですが、

未確認飛行物体などの映像は、

インドや中国などNASA以外から出てくるものがほとんどです、

NASAには厳しい検閲があるためでで来るころには合成など手が加えられたものしかみることができないのです。

 

NASAは既に小惑星ベンヌのピラミッドを探査している

 

NASAの探査機「オシリス・レックス」は2016年 9月9日に打ち上げられ、

2年3カ月かけて20億キロの旅に出ました。

 

そして2018年 12月 4日小惑星ベンヌに到着。

 

周回軌道に入りおそらく数か月は全体の計測などをし、

着地地点を決めてから降り立ち地表の採取にはいるとみられる、

そして2023年 9月に地球へ帰還する予定だ。

 

現在すでに小惑星ベンヌの映像などが届きNASAが映像も公開している。

ネットニュースなどでもちらほら取り上げられていますが、

4年も経てば皆わすれてしまったのか、

ピラミッドに関する発表や記事がでなくなりましたね。

 

あんなに騒いでいたのに。

ピラミッドのような物体もきれいに消えています。

あーそうか。

きっとあのピラミッドはどこかに飛んで行ったんだろうと人類に思わせといて、

そのまま忘れさせよう作戦。でも始めようというのか。

 

なにも公表しないことが、かえって重大な発見であったと言っているようなものです。

 

 

Asteroid Bennes3

Asteroid Bennes4

 

 

ピラミッドが消えています。

 

おそらくこれは修正が加えられている可能性が非常に高いです、

あきらかに不自然ですからね。

 

小惑星の大きさは約500mあります、

ピラミッドの大きさからすると推定で100mはあるようにみえます。

今回NASAが公開した映像は明らかにピラミッドの部分を隠しているとみて取れます。

 

隠しているとしたら本当に人工的な構造物であったという証拠になってしまいます。

もしただの岩だったりしたら隠さずに公開するでしょう、

 

Asteroid Bennes5

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事