全米で広がるデモ活動「極左暴力集団アンティファ」の正体とは、日本でも存在している?
スポンサーリンク

アメリカ合衆国 ミネソタ州で起きた黒人が警察官によって命を奪われた事件が話題になっています、

この事件を受け全米で抗議活動が行われ、デモ活動へと発展。

それから更に拡大し暴徒化へと発展、街では略奪や強盗などが起きています。

 

始まりは黒人死亡への抗議デモからでしたが、実はこれトランプ政権へ反対する左翼派による政治的なテロ活動と言われています。

 

アンティファとは

アンティファとは極左暴力集団とも呼ばれ暴力や弾圧などによって、思想の違う人種の人たちへ妨害などをしている活動家で、政治的な講演などの妨害などもこういったアンティファによる妨害活動と言われています、

アンティファ組織にいる人の特徴として、マスクやフードを被って覆面姿になったり特にアメリカ人は緑や赤など奇抜な髪の色やファッション、タトゥーなどをしている人たちが多い特徴がありその他にも口元にピアスをたくさんつけているなど、そういった人にアンティファ活動家が多く存在するといわれています。(もちろんそういったファッションをしているすべての人がアンティファであるという事ではありません)

 

つまり右寄りの人や国家主義者の人、それからトランプ政権支持者たちを弾圧しようとしている集団です。

こういったアンティファ集団は一見すると、平和主義者や人権主義者に見えますが、暴力で物事を変えようとする一面もあり、非常に危険な組織でもあります。

日本でも中核派や、しばき隊なんかもおなじでしょう。

 

トランプ大統領がアンティファをテロ組織に指定

トランプ大統領はTwitterで、アンティファに対してテロ組織であるとツイート。

その前には、略奪が始まれば、銃撃が始まるともツイートしていた。

これは黒人死亡による抗議活動というよりは、それによって暴徒化した集団へ向けて略奪行為に発展したために、抑制という意味で、

「略奪が始まれば、銃撃が始まる」と言ったものでしたが、これによってさらに抗議活動も加熱しトランプ大統領は「黒人への警察の暴力を美化している」というトランプ批判へと変わっていきます。

こういったトランプ批判を始めたのがハリウッドセレブや著名人に多くいたことから一気に拡散も広がったともいわれているそうです。

 

テイラースウィフトや、有名司会者のジミー・キンメルなどもいてこの人は、民主党支持者で反トランプでも有名な一人でもあります、

Twitterなどで、「トランプを落選させよ」といったツイートを行なっていました。

 

ミネソタ州知事であるティム・ワルツ氏は、このデモに対して記者会見でこういった発言をしています。

「略奪、放火の8割が州外の者たちで、厳重に統制された組織」だと発言。

つまり、人種差別組織であるか左翼組織であるかその両方だと言っています、

さらに、「これはジョージの死の抗議ではない」「これは意図的に作られたケイオス」だとも発言しています。

ジョージとは亡くなった黒人のジョージ・フロイドのことです。

 

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事