第5世代移動通信システム
スポンサーリンク

5Gが始まるのは早くて2020年 春頃か

5G (第5世代移動通信システム)の導入にあたって、

総務省が携帯大手4社に割り当て開始。

 

来春から各社が5Gサービスを展開する予定だそうだ。

 

NTTドコモは2020年 春、

KDDIは2020年 3月、

ソフトバンクは2020年 3月頃、

楽天モバイルは2020年 6月頃にそれぞれ5Gサービスを開始する。

 

 

5Gの速度はどれくらいなのか

理論値が100倍などと謳われているが、実際の速度は今の10倍ほどになるだろう。

 

日本では現在、実測値で約100Mbpsでればかなり優秀なほうであり、

 

実際はそれより下の通信速度がほとんどなのが現状です。

 

 

アメリカですでにサービスが開始されたVerizonという、

5Gネットワークの実測値は762MbpsであったとVerizonの広報担当である

David Weissmsnn氏が公表した。

 

 

5Gの速度は理論値で20Gbps=2万Mbpsとされているが、

現状から見てまだそれは難しいようです。

 

インターネット回線速度テスト

https://fast.com/ja/

 

5G通信の弱点とは

 

5G通信ではこれまで通信に使われてこなかった、

より強い周波数帯がつかわれ、ミリ波と呼ばれる部類にはいった、

 

このミリ波の特徴として、

直進性が強く、障害物などに弱いという弱点もある。

 

 

電波が届く距離にしても数百メートルからせいぜい数キロ程度だろう。

そのため5G通信にとって重要なのはアンテナの設置場所になるのです、

 

現状では、電柱や信号機などに取り付ける案が濃厚ですが、

管轄する電力会社や警察との連携も強化しなければならず

まだ問題は山積みといったところが本音のようだ。

5Gで何が変わるのか

 

大容量・高速通信

5Gになると従来の10倍は通信速度が向上するので、

高画質な映画や、圧縮しないよりピュアな音源だって瞬時にダウンロード可能となり、

4Kや8Kをつかったゲームコンテンツなどが、

ダウンロードしなくてもクラウド上で通信しながらできるため、

ゲーム市場なども爆発的に盛り上がることは間違いないでしょう。

 

低遅延

遅延が従来よりも約1/10になるため、

自動運転やロボット技術などよりリアルタイム性が求められる分野での活用が可能となり、

さらなるサービスや技術の発展が見込まれます。

 

同時多接続

1つの基地局から同時に接続できるデバイス数もおよそ10倍となった。

工場や複数センサーを制御することなどに活用が見込まれる、

例えば、救急車が交差点に入るときより安全性を高めるために、

周囲の車に警告やブレーキ補助、信号を制御することも可能だろう。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事