車を大事に乗って長持ちさせるテクニック
スポンサーリンク

 

駐車編

クルマが完全に止まってからチェンジレバーを操作する

Dレンジ(ドライブギア)から、Rレンジ(リバース、バックギア)

 

 

 

に変える時、まだ車が動いているのに変えていませんか?

 

 

 

 

前進しているのに、いきなりバックギアなどに入れると、

 

 

 

 

トランスミッションなどはかなりの負担がかかます。

 

 

 

 

これをやったからすぐに故障とまではなりませんが、

 

 

 

 

愛車を長く乗るならやめたほうがいいでしょう。

 

 

据え切り(すえぎり)をしない

あまり聞きなれない言葉になりますが、

 

 

 

クルマが止まった状態で、ハンドルを切る状態を据え切りと言って、

 

 

 

これは、かなり足回りの負担になりますし、著しくタイヤの消耗を促進します。

 

 

 

 

先ほどのギアチェンジとは逆で、

 

 

 

 

ハンドルは出来るだけ前後に動きながら切ったほうが負担は減ります、

 

 

 

 

 

これは単純に摩擦の問題で、止まって切るより転がしながら切るほうが摩擦抵抗が軽減できるからです、

 

 

 

 

止まって切ってもハンドルは軽くなるよう機械的にアシストしてくれるので、

 

 

 

ドライバーはあまり負担に感じませんが、

 

 

 

 

タイヤやサスペンションなどの足回りパーツにはかなりの負担がかかっています、

 

 

 

 

これは重量がある大きい車ほど負担も大きくなります。

 

 

ハンドルを全開にきらない

 

よくハンドルが止まるまで全開に切る人がいますが、

 

 

 

これもあまりよくはありません、

 

 

 

ハンドルは実はものすごく重たくて、

 

 

 

人がぶら下がっても切れないほどなのですが、

 

 

 

パワーステアリングといって車には、

 

 

 

人間の力を何倍にも増幅させる機構が備わっています、

 

 

 

そのおかげ片手でも回せるほどにまでなっているのですが、

 

 

 

 

その機構であるがゆえに、

 

 

 

止まるとこまで切ってさらに切ろうとすると、

 

 

 

 

内部パーツなどに負担がかかるのです、

 

 

 

 

 

これをよくやるドライバーはやはり長く乗っていると、

 

 

 

 

パワステのトラブルや、タイヤの消耗が早くなります。

 

ハンドルを切ったまま止めない

 

これもたまに見ますが、ハンドルを切ったまま止めると、

 

 

 

油圧や電動パーツが稼働している途中で停止するため、

 

 

 

 

次にエンジンをかけたときにパーツに負担がかかります。

 

 

 

 

車屋さんでもたまにかっこよく止めるためか、

 

 

 

 

ハンドルを切った状態でホイールを見せる感じでとめていますが、

 

 

 

 

そういった車屋さんはおそらく素人程度の知識でしょう。

 

暖機編

 

暖機運転についてですが、

 

 

 

これは1分、2分程度で十分で、それ以上は地球環境によくないだけです、

 

 

 

 

よく誤解されているのは、暖機をすればすぐ普通に飛ばしていいと思っていることです、

 

 

 

 

暖機は、エンジン単体の話で、

 

 

 

 

車にはトランスミッションやサスペンションなどの足回りにもある程度慣らしたほうが良いでしょう。

 

 

 

 

暖機をしても、最初はゆっくり走行して車全体を慣らす感覚が大切です。

 

ブレーキ、アクセル編

たまにはアクセルを踏みエンジンをまわす

車を大切に、安全に運転することは大切ですが、

 

 

 

 

時には全開走行、回転数を上げましょう、

 

 

 

 

もちろん法定速度は守りましょう。

 

 

 

 

車は、燃料を燃やすと水蒸気やカーボンなども排出します、

 

 

 

 

あまりアクセルを踏むことがないドライバーによくあるトラブルですが、

 

 

 

 

カーボンがマフラーに溜まって廃棄効率が悪くなり、

 

 

 

 

結果、燃費を悪くしたり、エンジントラブルを招くことがあります。

 

 

 

 

ですので、たまにはエンジンを回し、

 

 

 

 

マフラー内に溜まっている水や、カーボンなどを飛ばしてあげましょう。

 

できるだけブレーキは踏まない

これはブレーキを掛けないというわけではなくて、

 

 

 

ブレーキを踏まなくていい運転を心がけるということです、

 

 

 

 

無駄にスピードを上げたり、車間を詰めると、

 

 

 

 

余計にブレーキを踏む結果になります、

 

 

 

 

ブレーキは消耗パーツです。

 

 

 

 

簡単に説明すると、

 

 

 

 

ブレーキはホイールの中で回転している鉄の板を、

 

 

 

パットと言うもので挟んで止めています、

 

 

 

 

まぁ、自転車と似たような構造です、

 

 

 

 

ですので余計なブレーキはそれだけ消耗してしまうということです。

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事