オリオン座が消えた
スポンサーリンク

光の速さでも642年かかる

オリオン座ベテルギウスまでの距離はおよそ642光年あります。

 

 

1光年=光が1年かかって進む距離なので、

 

 

光の速さでいっても642年かかるということになります。

 

 

つまり、今見ているベテルギウスの光は643年前の光だということになります。

 

 

 

だから今、爆発していても光として確認できるのは642年後です、

 

 

 

そもそも宇宙で今、見ている星たちはもうすでに消えているかもしれないのです、

 

 

 

そう考えると、なんだか宇宙って不思議ですね。

ベテルギウスに超新星爆発の予兆

ベテルギウスは誕生からすでに900万年が経っているとされ、

 

 

星のサイズや質量から1000万年を超えて存在するのは難しいと推定されています、

 

 

 

2019年末、現在。

 

 

ベテルギウスは過去50年間でもっとも輝きを失い、

 

 

 

急激に暗くなっていることが確認されています。

 

 

 

もし、超新星爆発が観測されれば、

 

 

 

昼間でも肉眼ではっきりと確認できるほど、

 

 

 

青く光り、数か月間ほど見えるのだそうです。

 

 

 

 

これは歴史的な天体ショーとなるでしょう。

 

 

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事