【拡散】ゴミをポイ捨てする人間こそ、本当のゴミ。
スポンサーリンク

心の知能指数(EQ)に問題がある

これからの時代はIQよりもEQが大事

EQとは、心の知能指数です。

 

 

これは何かというと、人の態度やあらゆる言動は、

 

 

そのときどき自分自身の感情の状態に大きく依存していることがわかっています、

 

 

このときの感情を意識してうまくコントロールする能力です。

 

 

EQが高いと自己や他人の心理状態をよく認識し共感度も優れているため、

 

 

人間関係などにおいても良好な関係性をつくれるのです。

 

 

シンプルに言うとEQレベルが高い人は、人の気持ちになれる人です、

 

 

 

逆をいえばこの能力に乏しい人は、

 

 

他人どころか自分自身のこともよくわかっていないうえ、

 

 

自己中心的な言動や、ただ感情に流されるがまま生きています。

 

他者の視点で物事を考えれない

 

EQが乏しいと当然、人の気持ちなど理解できませんから、

 

 

 

ごみを捨てることにもなにも考えずに行動してしまっているのです。

 

 

 

そのひとの世界レベルでは、ごみをちゃんと捨てる人のほうがおかしいとおもっているほどなのです。

 

 

 

 

こんなヤツこそ社会のゴミ、いやもはやゴミ以下なのかもしれない。

 

 

 

 

自分を愛していない

 

自分を愛していない人は、自暴自棄になり他人への迷惑など考えもしません。

 

 

なぜなら、いつ死んでもいいと思ってただ欲求を満たすだけの人生を過ごしていますから、

 

 

 

これは死人よりもたちが悪いかもしれない。

 

 

 

 

 

承認欲求が満たされない

誰かに自分を認められたい

承認欲求とは「認められたい欲求」です。

 

 

間違った承認欲求は、悪いことで注目を集め、

 

 

 

悪いことをする自分を認めてほしいという心理になります、

 

 

 

そうすることで、自分の存在価値をアピールし、

 

 

 

周りと違う特別な存在だというある種の承認欲求を満たそうとしているのです。

 

自慢話が多い

自分は特別な存在だと思っていることから自慢話にもより一層、花が咲きます、

 

 

他人の同意が得られなければ、どんどん話も大きく盛ってくるでしょう。

暴走族と発想が同じ

 

不良がなぜ暴走行為に走るのか?

 

 

結論から言うと、暴走族と呼ばれる不良集団は、

 

 

爆音を出したり、迷惑行為でしか自分たちの存在意義を見いだせていないから、

 

 

これも一種の承認欲求でしょう。

 

 

見て見て、聞いて聞いてと言って親の気を引こうとする子供と心の知能指数は変わりません。

 

 

いたづらしたり、おもちゃを投げたり、誰かを傷つけたりやっていることはまるで子供なのです。

 

 

ハッキリ言おう。金持ちになりたきゃポイ捨てはやめろ。

ポイ捨てするヤツは、貧乏になってる。

 

考えてみてください、

 

 

ゴミをポイ捨てする人間をだれが信用しますか?

 

 

 

そんな人間に、何を任せられます?

 

 

 

人や社会のことを考えず、自分だけのことしか考えない人間に未来なんてありませんよ。

 

 

 

 

きっとその人は、その日暮らしでたいした仕事もしていないでしょう。

 

 

 

 

その人たちにこの記事が読まれるころには時代はもう変わっているでしょうか。

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事